【キャッシュレス化】財布を持ち歩かない選択は無駄遣いしない選択でもある

サイフが邪魔だと思ってキャッシュレス化して一年。

本当にキャッシュレス化してよかったと思っている。

 

以前だったら外出するときにカバンをもって外出していたが、それがなくなっただけでストレスは激減。

入ってるものにもよるけどカバンって重い

しかも、カバンだから無駄なものまで入っていることもある。

でも、持ち運べるからそのまま放置して入っているなんてことも。

一日中外にいたって使わないものもあるのに。

 

でも、そんなことはもうありません。

外出するときは「スマホ・カード入れ」のみですべて解決できます。

ただし男性限定で。

女性は小さなカバンを使いましょう!!

 

✅この記事の内容

・キャッシュレス化しようと思ったワケ

・キャッシュレス化すべきでない人

・完全キャッシュレス化は目指す必要はない

・最初にやるべき行動

・小銭問題をどうするか

 

キャッシュレスにしようと思ったワケ

キャッシュレスにしようと思ったワケ

 

・カバンが重い

・そもそも外で作業をすることが無い

・必要最低限ならサイフすら邪魔だった

・小銭が邪魔と感じることも多くなった

 

カバンをいつも持っていくならそもそもキャッシュレス化する必要はないけど、ちょっとした外出とかなら「サイフ」「ケータイ」「鍵」ぐらいしかもっていかない。

でもそれだと地味な問題も出てくる。

ポッケに入れていると膨らんでダサイといった問題。

 

ファッションに興味がない私ですらポッケがサイフとかで膨らんでいると、どんなにいいファッションをしていてもダサく感じる。

小物をポッケに入れて鏡で見てください。

ダサいですよ。

キャッシュレス化の恩恵

 

キャッシュレス化って以外にもメリットが大きい。

 

✅最大のメリット

・お金をおろすときの「時間・手数料」がなくなった

・支出の管理ができるので無駄にお金を使わなくなった

 

手数料を払う必要が無いのが最大のメリット。

あれ、無駄でしょう。

月に数回おろすだけでも数百円かかります。

おろしに行くのにも時間もかかる。

給料日の月末に並んでいると本当にめんどくさいと思う。

 

あと以外だったのが無駄遣いしなくなった。

キャッシュレスにしたことによって今まで使っていた金額がスマホで確認できるようになった。

初月は驚きましたね。

自分の予想の3万円以上使ってましたから。

でも、次月からお金の支出を管理し始めたら無駄なものを買わなくなり支出が減った。

 

他は小さいメリットの積み重ね

 

・カバンが軽くなった

・急ぎの外出でも持ち物が少なくて済んでいる

・食費の管理ができて間接的に健康になったと感じる

 

いいことしかないね!!

でも、「キャッシュレス化」はおすすめしても「完全キャッシュレス化」はおすすめはしない。

完全キャッシュレスにする必要はまったくないし日本では難しい

 

完全キャッシュレスにできるのは都会に住んでいる人だけ。

それ以外の場所ではほぼ不可能だから完全キャッシュレスにする必要はまったくない。

 

完全キャッシュレス化は出来ないワケ

完全キャッシュレス化は出来ないワケ

 

・現金のみの店もまだ多い

・1~2万はなにかあった時に持っておきたい

・田舎だとまだまだ現金がメイン

 

大都市に人口は集中していますが、それでも全人口の半分ぐらい。

それだけの人が住んでいるから都心でのキャッシュレス化は進むし、人口が分散している地方では進まない。

国内旅行によく行く人にはあんまりおすすめはしない

国内旅行によく行く人にはあんまりおすすめはしない

 

日本国内の旅行なら観光地に行くことが多いでしょう。

「東京・大阪・福岡」などの都心部ならキャッシュレス決済でも問題ないですが、それ以外の場所なら現金しか使えない場所もまだあります。

旅行を最大限楽しみたいなら、キャッシュレスメインで現金を持ち歩いた方がいい。

海外旅行はどうなのか??

海外旅行はどうなのか??

 

海外旅行だと先進国ならキャッシュレス決済のORコードのほうが安全です。

ただし、海外で使えるQRコード決済は国ごとによって違うので注意が必要。

 

✅一例

・中国のQRコード決済「Alipay」「WeChatPay」

・インドのQRコード決済「paytm」

・インドネシアのQRコード決済「GOPay」

・アメリカのQRコード決済「Chase Pay」「Venmo」

・フランスのQRコード決済「Lydia」

・イギリスのQRコード決済「Yoyo Wallet」

 

あくまでも一例なので海外に行く時には出発する前に確認しましょう。

先進国以外でも使える国はありますが、まだまだ現金が主流。

空港で日本円と両替した方が無難。

キャッシュレスで不便なときもあるがそれ以上に便利

キャッシュレスで不便なときもあるがそれ以上に便利

 

まだまだ普及していない場所もある。

 

・病院での支払い

・個人経営の飲食店

 

現金払いがまだまだ主流

ORコード決済やクレジットカード決済の導入にもお金がかかるし、使用料も取られる。

個人経営の店だと導入するメリットより、手間とかを考えて導入しない店もある。

 

病院では導入は進んでいるものの、まだまだ現金がメイン。

お年寄りが多いからね、無理に導入することもない。

サイフをもたないかわりに必ず持っていくもの

サイフをもたないかわりに必ず持っていくもの

 

・紙幣が入るカード入れ

・スマホ

 

この2点のみ

大抵の方はスマホをもっているので、財布をカード入れにシフトするだけ。

男性ならこれだけで荷物は最小限に、女性ならカバンの中に香水などの小物類を追加して入れることができる

 

 

クレジットカードと現金が入る小型のカードケース

手のひらサイズぐらいなので邪魔にはならない。

 

何かあった時ようにある程度の金額は持ち歩きたいけど小銭は持ち歩きたくない。

だからこそ万札を1~2枚持ち歩ける程度のカード入れを選ぶべき。

 

PayPay(ペイペイ)- QRコードで支払うキャッシュレス決済のスマホアプリ

 

スマホはQRコード決済に登録しておけば支払いもスムーズに行える。

利用できる店舗や登録者が多いのは「PayPay」

とりあえず使えるようにしておけばOK。

QRコードの登録は「PayPay」+もう一つ

 

「PayPay」の普及率が一番高いから入れているが、楽天ユーザーだと「楽天ペイ」も使用できる。

メインとサブで使い分けるのがいい。

「楽天ペイ」メインで使用して、「楽天ペイ」が使えない店では「PayPay」を使うって感じ。

 

QRコード一つだけだと不具合があった時に決済できないってパターンもある。

2つに登録しておけばほぼそんな状況おきない。

キャッシュレス化で最初にやるべき行動

 

0.QRコード決済に登録して利用してみる

1.サイフの中のカードを選別する

2.必要なカードを1~5枚に間で選ぶ

3.紙幣の持ち運びができるカード入れを探す

 

QRコード決済に登録してクレジットカードと併用して使う。

現金を徐々に使わないようになってきたら、カードを厳選して紙幣が入るカード入れを使い始める。

この時点でサイフはまだとっておきます。

家の引き出しに入れといてください。

 

半年間で紙幣をほとんど使わなければ、財布は処分しても大丈夫ですが、そのままとっておくのを推奨します。

月に1回使うか使わないかがたま~に使う時があるんですよ。

そういったときのためにカバンに入れておくか、引き出しの中に入れておきましょう

小銭どうするか問題の解決

 

1.ポッケにぶち込む

2.小銭入れを買う

3.募金

4.出し入れできる貯金箱に入れる

 

その人のライフスタイルに合わせた方がいい。

わたしの場合はポッケにぶち込む。

そんで、家に帰ったら小銭入れに入れておく。

 

カバンを持っていく時はカバンの中の小銭入れを入れていく感じ。

飲み物が欲しくなったら使っています。

どうしても1円玉と5円玉は使い勝手が悪いのでたまることも多いですが、そういったときは初詣で全部使っちゃいますね。

多くても200円いかないですから。

最後に:先進国で日本だけがキャッシュレス化に遅れている

 

先進国の中でこれほどキャッシュレス化されていない国は日本だけです。

もちろん先進国でも田舎のほうにいけばまだ現金のところも多いでしょう。

しかし、日本では都心でも現金の利用率が高いのも事実。

 

「かさばる」「カバンを圧迫」「小銭が汚い」「落としたり、無くす可能性がカード・スマホより高い」

 

これらの条件があるのにまだ現金にこだわる理由はないはず。

最初から全部キャッシュレス化にするとまず元に戻るので、段階を踏んでキャッシュレス化をしていきましょう。