【Anker Soundcore Life P2 Miniレビュー】最小最軽量モデルなのに5,000円以下で機能が高いワイヤレスイヤホン

5,000円以下のワイヤレスイヤホンって、そこまで大きな違いはない商品だと私は考えています。

その中でも音質がスタンダード以上、機能面はトップクラスと思えるものに出会ってしまった!!

 

それが【Anker Soundcore Life P2 Mini】

Anker Soundcore Life P2 Mini

 

5,000円以下で不足がなく全体的な音質いい。

この商品より良い音質のワイヤレスイヤホンは5,000円以下ではほぼないでしょう。

 

機能面は5,000円以下ではトップクラス。

まさかこの値段帯でこれだけの機能がついているとは思いませんでした。

 

✅こんな人向けの商品

・5,000円以下のワイヤレスイヤホンを探している

・音質はそれなりに気にしたい

・低音は少し強くてもOK

・機能面はなるべく充実している方がいい

・通勤時や外出時に音楽を聴くぐらいの使用頻度

・他のより小さいワイヤレスイヤホンがいい

 

外での使用がおすすめの商品。

軽量で小さいので外で使用しても負担になりにくいのが理由になっています。

 

✅記事内容

・開封レビュー

・6つの使用感をレビュー

・使用して気になった部分

・同価格帯の【ノキア(Nokia) E3106】との比較

・ワンランク上の【Anker Soundcore Life P3】との比較

 

それでは検証していきましょう!!

 

【Anker Soundcore Life P2 Mini】

Anker Soundcore Life P2 Mini

参考価格(Amazon)‎‎Bluetooth
4,490円(税込み)Bluetooth 5.3
2台同時接続機能防水規格
IPX5
再生時間音質モード
最大再生時間32時間(イヤホン本体のみ8時間)「ノーマル」「イコライザー機能」
対応コーデック通信方式
SBC / AACA2DP, AVRCP, HFP, HSP
付属品製品特徴
Soundcore Life P2 Mini、充電ケース、イヤーチップ (XS / S / M / L / XL※開封時の商品にはMサイズが取り付けてあります) 、USB-C & USB-A ケーブル、クイックスタートガイド、安全マニュアル、18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後) 、カスタマーサポート大型の10mmドライバー搭載、歴代最小最軽量モデル、最大32時間の長時間再生、AIノイズリダクション搭載、イコライザー機能搭載、アプリ使用可

 

 

✅注目の機能

・歴代で最小最軽量モデル

・イコライザー機能を搭載

 

最小最軽量モデル

Soundcore Life P2 Mini | 完全ワイヤレスイヤホンの製品情報 – Anker Japan 公式サイト

 

Anker Soundcoreのシリーズでもっとも小さく軽いワイヤレスイヤホン。

充電ケース&イヤホン本体で約47g。

イヤホン本体だけなら両耳でも10g以下となっています。

イコライザー機能を搭載

Soundcore Life P2 Mini | 完全ワイヤレスイヤホンの製品情報 – Anker Japan 公式サイト

 

5,000円以下でイコライザー機能がついているワイヤレスイヤホンってほとんどない。

さすがにこの値段帯なので自分好みにカスタマイズすることはできませんが、十数種類の中から選んで音を変えることができます。

 

開封していきます!!

 

外箱は【Anker Soundcore Life P3】よりちょっと小さい。

デザインは似ているので間違いないように注意してください。

 

付属品

 

 

過不足なく入っています。

イヤーピースも全部で4種類。

サイズが合わなかったら交換して使いましょう。

 

説明書は多国籍で攻めてきている。

分かりづらいから公式サイトでダウンロードした方がいい。

まぁ操作した感じだと、アプリさえダウンロードしていれば操作方法はわかる。

 

充電ケースと本体イヤホン

 

両方ともかなり小さめ。

イヤホン本体は上位機種の【Anker Soundcore Life P3】の三分の二ぐらいの大きさです。

 

メーカーの歴代最小最軽量なだけあってかなり軽い。

この軽さと小ささならカバンでも邪魔にならずに入れておける。

 

【Anker Soundcore Life P2 Mini】のレビュー開始

 

✅レビュー項目

・装着感

・音質

・動画視聴

・片耳使用と両耳使用

・アプリ使用

・イコライザー機能

・イヤホンを探す機能

 

装着感

 

悪いところはないですね。

耳にもしっかりハマっている。

イヤーピース選びさえ間違わなければ問題なし。

 

音質

 

Anker独自の技術”BassUpテクノロジー”が使われているため深みのある低音になっています。

ただ、低音の重量感を強くしようとしすぎて全体的に少し重すぎる音になっている。

 

中音~高音は5,000円以下とは思えないぐらいいい音質。

繊細な音を出しつつも低音の音を際立たせている。

 

動画視聴

 

別段悪いところはなかった。

低音が強いので迫力のある音を提供してくれる。

 

片耳使用と両耳使用

 

片耳使用

ノイズキャンセリング機能は搭載されていないので、片耳使用でもそこまでの操作変更することがなかった。

両耳使用よりは使い勝手が悪くはなるが、通話や再生などは過不足なくできた。

 

両耳使用

基本性能はあるので両耳使用を推奨します。

外音取り込み機能は搭載されていないので、外で使う時は周りに注意してください。

 

ボタン操作は比較的やりやすかった。

お好みで操作方法を変更できるので、頻繁に使用する機能を使いやすいようにカスタマイズしてもいいでしょうね。

 

アプリ使用

 

エントリーモデルなので必要最低限の機能で入っている。

 

・イコライザー機能

・ボタン操作変更

・イヤホンを探す

 

アプリのダウンロードでこれだけ使用できる。

5,000円以下のワイヤレスイヤホンでイコライザー機能が搭載されているのは信じられません。

自分でカスタマイズすることはできないが、そもそもが難しいのであっても使わない方のほうが多い。

 

イコライザー機能

 

アプリの中のプリンセットから選択可能。

プリンセットの種類は上位機種【Anker Soundcore Life P3】と同じぐらいの数が搭載されている。

カスタマイズ機能こそ搭載されていないが、そもそも調整自体が難しいので使うことはほとんどないので問題はない。

 

イヤホンを探す機能

 

家で無くした時に使用する機能。

外で無くした場合はあきらめてください。

理由としては”音が小さい”

音がなるにはなるのですが、箱の中や毛布とかがかぶさっていると聞こえません。

正直オマケ程度に考えてほしい。

 

ちなみ

R側単体だと音が出なかった

L側単体だと音は出る

両方なら両方から出る

 

こんな感じで音が出ないパターンもあるので注意。

無くさないのが一番だけどね!!

 

全体的なレビュー

 

音質5,000円以下では平均以上の音質
動画視聴体に響く重低音で迫力のある音質
音楽平均以上だが、5,000円以上と比べると少し劣る
連続再生時間イヤホン単体で最大8時間の長時間利用が可能
操作性アプリで操作方法変更可能
総合低価格高性能モデル

 

✅音質

・低音は弱すぎず強すぎない

・中音~高音はこの値段帯ではかなりいい

 

✅機能面

・全体の機能は高め

・イコライザー機能のプリンセットを搭載

・イヤホンを探す機能はおまけ

 

必要最低限の機能+イコライザー機能が搭載されている。

機能面は5,000円以下のワイヤレスイヤホンにしては高性能。

正直5,000円以下って期待はしていなかったが、いい意味で期待を裏切ってくれた。

 

 

気になった部分

 

これといって気になった部分は特にない。

5,000円以下と考えると十分すぎる性能がある。

 

「2台同時接続」や「ノイズキャンセリング」「外音取り込みモード」などは搭載されていないが、5,000円以下で搭載されているワイヤレスイヤホンはほぼありません。

探せば一部機能が搭載されているワイヤレスイヤホンもありましたが、そこまでいい商品ではなかった。

 

次に同価格帯のワイヤレスイヤホンとの比較になります。

 

同価格帯の【ノキア(Nokia) E3106】と比較

キア(Nokia) E3106【完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.2】ブルートゥースイヤホン ENCノイズリダクション ハンズフリー通話 最大16時間音楽再生 65ms低遅延 スライド式設計 軽量 ホワイト

Anker Soundcore Life P2 Miniノキア(Nokia) E3106
値段(割引前の値段)参考価格 Amazon 4,490円(税込み)参考価格 Amazon 4,980円(税込み)
音質低音が少し強め それなりにいい音質クリアな音質
充電ケースのデザインや大きさキズが付きやすいケース 本体は4.4g男心をくすぐるスライド式ケース 傷がつきにくい
連続再生時間再生時間最大32時間(イヤホン本体最大8時間)再生時間最大16時間(イヤホン本体最大4時間)
「マルチペアリング」「マルチポイント」
ノイズキャンセリングAIノイズリダクションENCノイズキャンセリング
選べるモードノーマル・低音・ボーカルノーマル
専用アプリ
音質関連の機能10mmドライバー13mmタイミングドライバー
Bluetooth規格Bluetooth 5.3対応Bluetooth 5.2
ワイヤレス充電
その他の機能イコライザー機能 IPX5防水65ms低遅延

 

 

クリアな音質なら【ノキア(Nokia) E3106】

機能面なら【Anker Soundcore Life P2 Mini】

 

機能が高く最大再生時間が長いので、個人的には【Anker Soundcore Life P2 Mini】のほうをおすすめする。

デザイン性や耳の穴に引っかけるタイプのカナル型で考えるなら【ノキア(Nokia) E3106】のほうがいい。

 

ただし【ノキア(Nokia) E3106】は、2,000円前後の無名メーカーのワイヤレスイヤホンと比較しても機能面は大きな違いは見られないので、個人的には2,000円前後のワイヤレスイヤホンを購入する方がいいと思っている。

 

ワイヤレスイヤホンのケースってなんかデザイン性がないものが多くないですか??同じようなケースの形で、同じような本体。何かいい感じの充電ケースのワイヤレスイヤホンはないものか・・・。キア(Nokia) E3[…]

 

上位機種【Anker Soundcore Life P3】との比較

Anker Soundcore Life P3(ワイヤレス イヤホン Bluetooth 5.2)【完全ワイヤレスイヤホン / Bluetooth5.2対応 / ワイヤレス充電対応/ウルトラノイズキャンセリング/外音取り込み / IPX5防水規格 / 最大50時間音楽再生 / ゲーミングモード/専用アプリ対応/通話ノイズリダクション/PSE技術基準適合】ブラック

Anker Soundcore Life P2 MiniAnker Soundcore Life P3
値段(割引前の値段)参考価格 Amazon 4,490円(税込み)参考価格 Amazon 8,990円(税込み)
音質低音が少し強め それなりにいい音質低音はそこまで強くしておらず、全体のバランスがいい音質
充電ケースのデザインや大きさキズが付きやすいケース 本体は4.4gシンプルなデザインだが、ロゴや形のデザインがいい
連続再生時間再生時間最大32時間(イヤホン本体最大8時間)50時間連続再生(イヤホン本体最大7時間)
「マルチペアリング」「マルチポイント」
ノイズキャンセリングAIノイズリダクションウルトラノイズキャンセリング2.0搭載
選べるモードノーマル・低音・ボーカルノーマル・ノイズキャンセリング・外音取り込み・ゲーミングモード
専用アプリ
音質関連の機能10mmドライバー11mmドライバー搭載
Bluetooth規格Bluetooth 5.3対応Bluetooth5.2
ワイヤレス充電
その他の機能イコライザー機能 IPX5防水IPX5,イコライザー機能,ボタン操作変更可能,アプリによるアップデート

 

 

上位機種ともなるとすべての面においてアップグレードされています。

 

・音質

・ノイズキャンセリング2.0搭載

・イコライザー機能のカスタム

・ワイヤレス充電

 

特に音質はかなり違います。

全体的に向上しつつもなめらかな音質になっているので聞きやすい。

音があわなければイコライザー機能でのカスタマイズができるので、自分好みの音に調整することも可能。

 

デメリットしては5,000円以上から搭載されることが多い「2台同時接続機能」が搭載されていない事。

スマホならスマホ1台専用って形になる。

 

ただし、「2台同時接続機能」が搭載されていないかわりに「ノイズキャンセリング」「外音取り込みモード」が強化されている。

 

「ノイズキャンセリング」モード→「屋内・屋外・交通機関」

「外音取り込みモード」モード→「全部取り込み」「フォーカス」

 

モードの中でもさらに細かく設定できるのは1万円以下ではこの商品のみ。

外で使用するにはこれ以上ない性能です。

 

1万円以下のノイズキャンセリン機能がかなり高いワイヤレスイヤホン 【Anker Soundcore Life P3】 この商品一言とで言えば 「1万円以下のワイヤ[…]

 

まとめ

・5,000円以下で機能面が充実

・高音部分が少し弱い印象

・歴代最小最軽量のモデル

・イコライザー機能が搭載されている

 

5,000円以下でワイヤレスイヤホンを選ぶなら間違いなくおすすめする一品。

機能面は高く、音質も問題ない。

1つに特化させたワイヤレスイヤホンより、総合的に全部高いワイヤレスイヤホンを選ぶならこれしかないと思っています。

 

倍の金額の1万円以下のワイヤレスイヤホンなら上位機種【Anker Soundcore Life P3】のほうがすべてにおいて高性能だが、1万円以下のワイヤレスイヤホンには「2台同時接続機能」が搭載されているものもあります。

その為【Anker Soundcore Life P3】がおすすめと一概にはいえませんが、「2台同時接続機能」が搭載されていないかわりに他の1万円以下のワイヤレスイヤホンより機能が高性能なのも事実です。

選び方は人それぞれなどの何を重視するかでも選んでみてください。

 

ちなみに「2台同時接続機能」搭載の1万円以下のワイヤレスイヤホンのおすすめはこちらの2点

 

 

・【EarFun Air Pro 3】

・【SOUNDPEATS Air4 Pro】

 

両方とも高性能かつハイレゾ相当の音質を提供してくれる「aptX Adaptive」コーデックを搭載。

「ノイズキャンセリング」「外音取り込みモード」」など機能面も充実しているため、スマホとパソコンの2台を使用しているなら使い勝手がいい。

値段も1万円以下と比較的安く、コスパもいいです。

 

>>Amazon【EarFun Air Pro 3 】

>>Amazon【 SOUNDPEATS Air4 Pro 】

 

普段からスマホとパソコンを使っているのですが、パソコンを外で使用することがたまにあります。で、問題なのがスマホとパソコンを使っていたこと。パソコンは普段家でしか使わないのでイヤホンとか持ってなかった。スマホで使っていた2,0[…]