映画【トランセンデンス】あらすじと感想。その研究は神の研究か??それとも禁断の領域か・・・

もうすでに遠くない未来にある”人工知能”

いくつかの仕事はすでに人工知能に置き換わっています。

今回紹介する映画は「トランセンデンス」

 

ゼロから作った人工知能ではなく、人の意識を人工知能にコピーすることで、その処理能力や知識などを機械に反映させることした実験がテーマのサスペンス映画。

主演のジョニー・デップさんが演じるウィルは、機械に意識をコピーすることによって生前とかわらない言葉や思考をしていた。

だが、それは妻を想う気持ちから暴走を始めることになります。

 

✅超簡単なあらすじ紹介

世界で初めてサルの意識を機械にコピーした科学者のウィルが、過激派テロ組織RIFTに襲撃される。銃弾には放射線物質が入っており被ばく。余命1ヶ月と診断された。妻のエヴリンは夫の研究から夫の意識を機械にコピーして生かすことを決断。夫婦の親友であるマックスの手を借りて完全とはいかないまでも成功。だが、テロ組織の襲撃によってマックスは捕縛された。エブリンはウィルの手助けで田舎町に逃げることができた。そうして始まったのはウィルとエブリンの夢。それはウィル本人が望んだことか、はたまたウィルではない別の何かなのか。

 

【トランセンデンス】

 

・公開日 2014年6月28日

・監督 ウォーリー・フィスター

・主演 ジョニー・デップ

・キャスト レベッカ・ホール ポール・ベタニー ケイト・マーラ キリアン・マーフィー コール・ハウザー モーガン・フリーマン

 

映画「トランセンデンス」

【U-NEXT】で見放題配信中

日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

広告

 

登場人物

ウィル・キャスター/ジョニー・デップ

 

人工知能の研究者。

世界で初めてサルの意識を機会にコピーした世界初の人工知能PINN(ピン)を作った人物。

 

その後、過激派テロ組織RIFTに襲撃され、エブリンとマックスによって機械に意識をコピーされた。

人工知能になった後でも生前の記憶は残っており、妻の安全を第一と考えている。

 

エヴリン/レベッカ・ホール

 

ウィルの妻。

同じ科学者で人工知能PINNに貢献した人物でもある。

ウィルの死を覚悟した時に機械に彼をコピーすることを思いついた。

 

マックス/ポール・ベタニー

 

2人の良き親友でもあり研究者。

ウィルを機械にコピーする手伝いをしたが、成功するとは思っていなかった。

その為、最初から機械になったウィルを危険視していた。

 

ブリー/ケイト・マーラ

 

過激派テロ組織RIFTのトップ。

学生時代にウィルの研究所にいたが、人工知能PINNが完成したことによっておこった出来事で人工知能の危険性を知り組織を設立した。

 

あらすじ

トランセンデンス : 映画評論・批評 – 映画.com (eiga.com)

 

人工知能の世界的権威である科学者のウィル・キャスターはスポンサーの機嫌取りの講演会に出演していました。

研究にはお金がかかるからね。

だが、講演会を終えた後に過激派テロ組織RIFTに襲撃されてしまった。

 

数発あたっただけだったら命に別状はなかったけど、銃弾には放射性物質が付着されており被ばく。

余命1ヶ月となった。

そんな状況にウィルは妻のエブリンと一緒に最後の日まで過ごすことを決めたが、エブリンはあきらめられなかった。

 

夫の研究である人工知能。

その研究を利用してウィルの意識を機会にコピーすることを決断します。

動物実験はサルの”ピン”ですでに成功済み。

人間の成功確率は高くはなかったものの、夫婦の友人であるマックスの手を借りて何とか成功することができた。

そこには画面越しにわかるウィルがいた。

 

マックスはまさか成功するとは思っておらず、ウィルを停止させようとするがエブリンが反発。

そんないざこざの中で過激派テロ組織RIFTの襲撃があった。

エブリンはウィルの助けがあり逃げ切ることができたが、マックスは襲撃がおきる前にすでに捕まってい。

 

エブリンはウィルの指示のもとで田舎町で二人の夢をかなえるために行動を始める。

「地下施設の建設」「ナノテクノロジーによるけが人の治療」「ナノテクノロジーによる意識の共有」

言葉だけみればいいようにも思えるが、それは人として上記を逸していた。

 

次第に暴走ともとれるウィルの行動。

はたしてソレはウィルなのか??それとも別のナニかなのか??

 

みどころ

 

✅みどころ

・人工知能を人の意識から作る

・夫婦の深い愛情

・ウィル本人かそうじゃないか

 

人工知能を人の意識から作る

 

1から人工知能を作るのではなく、人の意識をアップロードして人工知能に組み込む研究。

通常の人工知能と違うのはその学習速度と、人のような思考をする事。

映画内ではウィルをアップロードしていましたが、もしこのアップロードした人物がウィルではなく利己的な人物だったらと思うと少し怖い。

ウィルのような夫婦愛が強い人間でも暴走しているのかわからない行動をおこしているのだから。

 

夫婦の深い愛情

 

映画全編をとおしてウィルとエブリンの夫婦愛が痛いほど伝わってくる。

お互いがお互いを想うからこそ起こってしまったことが多い。

 

「触りたい・しゃべりたい・理解したい」

 

誰もが思うことですが、それがいい方向に向かうとは限らない。

そんな夫婦の物語。

 

ウィル本人かそうじゃないか

 

けっきょく最後の最後まで謎とされていた答え。

機械にアップロードされた時点でウィルではない別のナニかになってしまったのか。

それとも最初からウィルなのか。

クライマックスのエブリンの一言でそうなのかと思えばいいのですが、真相は誰もわかりません。

 

映画「トランセンデンス」

【U-NEXT】で見放題配信中

日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

広告

 

感想

 

人の意識が機械にコピーされたら、それは人なのか、それとも機械なのかを考えさせられる。

最初の動物実験の段階で、意識をコピーされたサルが”とめて”と叫んでいたとちょっとした会話で明かされた。

その時の描写は無く言葉のみだったが、想像できてしまうほどの脳裏に焼き付いています。

 

作品としてはそれなりにおもしろかったです。

愛した人に生きてもらいたい一心で機械に意識をコピーしたが、それは本当に本人なのか??

それとも全く別のモノになってしまったのかが最後まで分からない。

 

発達しすぎた技術は魔法と似ているとどこかで読んだことがありますが、まさしくそれだと思いました。

作中におきる事が非現実的な反面、科学を使って行われていることに少し恐怖も感じる。

 

作中で登場するナノテクノロジーは現実ではまだ発展途上です。

もし映画のようにすべてのキズを癒し、人間だけですべてのネットワークに介入できるようになったしなったらと考えると・・・。

 

最後に:人工知能の映画はまだまだある

 

人工知能の映画って反乱とか暴走とかが多いけど、この作品は最初から最後までミステリー要素と夫婦愛がメインでした。

人工知能とは別ですがアニメ映画で「イブの時間」って作品があります。

 

アンドロイドが当たり前になった世界で、自分の家のアンドロイドが黙ってカフェに行っていることを知った主人公が、アンドロイドや人に対する考え方を考えるようなストーリー。

人と同じような感情をもち、人と同じ外見をしている機械はもはや人なのでは??

こちらも名作なのでよかったら観てみてください。

 

映画「トランセンデンス」

【U-NEXT】で見放題配信中

 

日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】

✅【U-NEXT】の特徴

・日本最大級の動画配信本数

・31日間無料トライアル実施

・読み放題の雑誌100冊以上

・マンガや書籍なども配信中

✅料金形態

・月額2189円(税込み)

・毎月1200ポイントがもらえる

・解約はいつでも可能

・ファミリーアカウントがある

31日間無料トライアル中でも解約可能。トライアル期間中の解約なら料金はかかりません。詳しくは下記の記事をご覧ください!!

なめ茸31日間無料トライアルって本当??無料って言って料金取るんじゃないのか??追加料金を払ってまで見たくはないんだけど・・・。 こういった疑問があるのは当然です。私自身も疑問に思っていました。[…]

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

広告