映画るろうに剣心の三作品目「伝説の最後」!!漫画との違いを徹底的に解剖!!

 

今回で三作品目となる映画「るろうに剣心」。

タイトルでは「伝説の最後」なっていますが、続編も公開されています。

記事のタイトルに書いてあるように今回も三作品目の漫画との違いを書かせていただきます。

 

はじめに

 

最初に書かせていただきますが、三作品目は漫画とはほぼすべてが違いオリジナルストーリーになっており同じところを探す方が苦労しました。

漫画の話を軸にしてオリジナルストーリーにしているので漫画と近い部分もありましたが、違う部分が多すぎるため細かい部分は省かせていただきます。

主に服装や性格、武器などの違いになります。

細かな違い
  • 服装
  • 武器
  • 漫画とのキャラの違い

 

すみませんがここは省かせていただきます。あまりにも多いので。ここを話し始めたら映画の全否定みたいな記事になってしまう。

 

それでは大きく違う点を見ていきましょう。

三作品目「伝説の最後」の漫画との違い

 

漫画と違う所
  • 比古清十郎との再会のしかた
  • 鉄甲艦・煉獄の東京砲撃
  • 志々雄真実と政府の交渉
  • 剣心の指名手配
  • 篠森蒼紫と相楽左之助が志々雄真実と会っていない
  • 鉄甲艦・煉獄での戦い
  • 斎藤一が志々雄真実に不意打ちをしていない

 

比古清十郎との再会の方法

 

 

映画では神谷薫を拉致され鉄甲艦・煉獄に乗り込むも志々雄真実に海に落とされ浜辺に気絶状態で打ち上げられます。

 

その浜辺にいた緋村剣心の師匠・比古清十郎に助けられる。

 

その奥義の伝授を比古清十郎にお願いして修行が開始するのですが、漫画とは違っています。

  

漫画の出会い方
  1. 新月村で逆刃刀を折られる
  2. 京都の御庭番衆の操と到着
  3. 元御庭番衆の翁に逆刃刀の制作者と比古清十郎の捜索を依頼
  4. 逆刃刀・真打を手に入れた後、比古清十郎の居場所を確認
  5. 剣心自身で比古清十郎に会いに行く

 

瀬田宗次郎に逆刃刀を折られ、このままでは勝てないと悟った剣心。

漫画では自身の実力では志々雄真実に勝てないことをわかっており自ら志々雄真実と対決する前に奥義の伝授をお願いしに行っています。

 

映画の場合だと神谷薫が拉致され激情に任せて志々雄真実に挑んだため敗北。

 

奥義伝授をしてほしいと比古清十郎にお願いするのは一緒ですが、志々雄真実と戦って初めて力不足を実感したともいえる。

 

次は二つまとめて紹介させていただきます。

  

鉄甲艦・煉獄の東京砲撃 志々雄真実と政府の交渉

 

鉄甲艦・煉獄の東京砲撃 志々雄真実と政府の交渉
(引用 集英社 和月信彦 るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 完全版)

 

ここは原作にはない話になります。

 

漫画とは違うので一概に比較はできませんが、漫画では以下のような流れになる。

 

鉄甲艦・煉獄の流れ
  1. 京都の沖で木造船に偽装して待機
  2. 剣心・斎藤一・相楽左之助到着
  3. 偽装をやめ本体が見える
  4. 剣心と斎藤一がおとりとして船に乗り込む
  5. その間に相楽左之助が小型爆弾で破壊

 

志々雄真実は剣心と斎藤一がおとりと見抜いていました。

相楽左之助にガトリングをお見舞いするも”二重の極み”で防がれ船体の後ろ部分に爆弾が当たり航行不能に。そのため東京についておらず首都砲撃はできなかった。

 

映画での砲撃は小さな村でしたが漫画では首都を狙っていることからここも少し違ってくる。

その後政府との交渉の席を設けていますが、漫画での計画では首都砲撃で政府中枢が麻痺したところを乗っ取る作戦であり、交渉自体をしようとしていません。

交渉の席に伊藤博文が登場したことも印象的。漫画では伊藤の名前すら出てこない。

大久保利通が暗殺されたとき斎藤一が「政界に残るのは二・三流ばかり」と言っているので伊藤博文もそうなのでしょうか??

 

剣心の指名手配

 

映画で指名手配された剣心ですが漫画では一度としてない。なぜ指名手配されたのか。

 

指名手配の流れ
  • 神谷薫が志々雄真実に拉致
  • 政府の交渉の席で志々雄真実が剣心の身柄を要求
  • 条件は神谷薫の解放と引き換え
  • その後剣心は抵抗せずに捕まった

 

その後は政府と話をつけていた剣心が志々雄真実をだまし攻撃を仕掛けます。完全にオリジナルストーリーなので漫画とは比較できないが、前作からの流れとしては不自然ではない。

 

その後は船での戦い。

本来ならアジトで戦うはずの十本刀と戦うことに。篠森蒼紫はその前に戦って倒されています。

船の戦いでキャラ崩壊した「明王の安慈」が本当にかわいそう・・・。一部では”こちょこちょ安慈”とも言われている。

 

篠森蒼紫と相楽左之助が志々雄真実と会っていない

 

篠森蒼紫と相楽左之助が志々雄真実と会っていない
(引用 集英社 和月信彦 るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 完全版)

 

この二人は漫画では一度面識があり最終決戦に登場するのですが、二人とも重要部分を映画ではカットされているため志々雄真実と初めて会ったのが最終決戦時に。

 

篠森蒼紫
  • 京都に到着し元御庭番衆の翁に剣心の居場所を聞くも教えてもらえず
  • その後街中で瀬田宗次郎と他十本刀数人と接触
  • 志々雄真実のアジトにて初対面
  • 志々雄真実のアジトで剣心と対決
  • 志々雄真実との対決にも参加

 

相楽左之助
  • 京都に到着後剣心・斎藤一と鉄甲艦・煉獄のはかいに成功
  • その時に十本刀「百識の方治」から志々雄真実が左之助のことを知る
  • アジトの対決で十本刀の三番手「明王の安慈」と対決
  • 最終決戦に参加

 

面識をなくしてしまったため、二人とも最終決戦が初対面。

 

志々雄真実は篠森蒼紫のことは知っていたようだが、相楽左之助のことは一切知らずに「誰だ!!」呼ばわり。この扱いはヒドイ。

漫画で煉獄消失の張本人としてしっかり名前をおぼえてもらえたのに、映画では一切なし。

篠森蒼紫なんかいつの間にか煉獄に突然現れているし・・・。忍者か!!(忍者です)

 

鉄甲艦・煉獄での戦い

 

漫画ではアジト決戦ですが、映画では船での決戦。

オリジナルストーリーになっているので問題はありませんが、それぞれのキャラの扱いが違いすぎ。

 

  • 十本刀の三番手・安慈のキャラ崩壊
  • 十本刀の二番手・宇水さんの雑魚キャラ感
  • 瀬田宗次郎が映画二作目で見せた縮地を使わない
  • 十本刀・百識の方治が武器ではなく素手で戦おうとしている

 

十本刀のキャラ崩壊

 

十本刀のキャラ崩壊
(引用 集英社 和月信彦 るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 完全版)

 

瀬田宗次郎のように漫画のイメージ道理なら問題はなかったのですが、ことごとくキャラが崩壊した十本刀。その筆頭が安慈。

 

船での戦闘で少し体が細いことは気になりましたが喋っているところは漫画キャラに近いと思った。だが戦闘がすすむにつれてキャラ崩壊

 

安慈のキャラ崩壊
  • 締め技を使用
  • 締め技中に相楽左之助にくすぐり攻撃され大笑い
  • そのまま敗北

 

安慈といえば破壊の極致「二重の極み」を開発し、相楽左之助に教えた破壊の化身。

 

そのため締めは使用せずに打撃と刀による遠当てのみを使用している。全身で二重の極みを発動できることから締め技不要の一撃必殺になりえる。

映画で締め技を使用し、くすぐりをされて大笑いしたシーンが残念でならない。普通に打撃のみで戦ってほしかったですし、大笑いして原作のキャラを崩壊してほしくなかった。

 

十本刀の二番手・盲目の碓氷もかなりのザコ感が出ていた。

本来ならかなりの強敵なのだが斎藤一に一撃でやられています。しかも船ではなく浜辺で・・・。

 

漫画の宇水
  • 斎藤一が編成した部隊50人を一夜にして亡き者に
  • 目が見えないため聴覚ですべてがわかるスゴイ人
  • アジト決戦で斎藤一に傷を負わせている

 

漫画内では志々雄真実も実力を認めている強者。

なのに映画三作目では斎藤一に一撃で負けています。二作目の終わりごろに剣心と多少打ち合いをして強者感が出ていたのに三作目の扱いがひどすぎるし、戦闘シーンがものの数秒で終わってしまった。本当に残念。

 

次はもっとも謎な部分。

 

斎藤一が志々雄真実に不意打ちをしていない

 

船での最終戦で斎藤一が志々雄真実に不意打ちを行っていない。

 

漫画ではここで斎藤一が繰り出した「牙突・零式」が防がれ指で肩を貫かれるシーンが印象的。

映画では堂々と姿を見せて戦闘に入っています。

 

斎藤一の性格上あり得ない行動。志々雄真実を倒すためなら不意打ちでもなんでもするのが斎藤一。「悪・即・斬」どこいった??

 

志々雄真実が額当てをしている理由もここで判明しました。

 

額当てをしている理由

志々雄真実の暗殺時、最初の一撃を額にくらい昏倒していたところに油をかけられ全身を燃やされたことから二度と同じように攻撃を受けないため額当てをして頭を守っていた。

 

斎藤一がそのことを知っていたかは不明だが一撃で倒すために頭を狙ったのはあり得るでしょう。しかし額当てに防がれ不発。奥の手「牙突・零式」も不発に終わった。

志々雄真実はこの時、斎藤一が不意打ちに来ることを読んでいた。

理由は志々雄真実と考え方が近いから。「悪・即・斬」の名のもとに敵に一切躊躇しない斎藤一の思考を読んでいた。

映画では額には斬撃をくらっていなが、全身刺されてそのあとに火を放たれたような描写がある。

 

まとめ

 

 

三作品目の「伝説の最後」は、ほぼオリジナルストーリーになっています。

 

映画の尺的に仕方がないとは思いますが、十本刀の瀬田宗次郎と安慈の過去は短い言葉で語れられおり映画では分かりづらくなっています。

映画の補足として漫画をよんで十本刀の過去を知るもよし、映画とは違う結末を漫画で見るのもおもしろい。映画をオリジナルストーリーにしたのでもう一つの「るろうに剣心」として見れるのも楽しみの一つ。

映画としはアクションジーンが今までの映画にないぐらいすごいので見ていただきたい。