実写映画「東京リベンジャーズ」がひどいと言われている!?原作ファンが納得しなかった改変とは!!

2021年邦画実写映画№1になった「東京リベンジャーズ」ですが原作ファンが納得出来なかった改悪が複数あったことはご存知だろうか。

今回は映画「東京リベンジャーズ」がひどいと言われている理由をメインにお話します。

 

  • 実際に見た感想
  • ひどいと思った部分

 

※ネタバレもありますので見てない方は注意をお願いします

 

最初に実際に見た感想をお話します。実際に見た感想もお話しますが、原作ファンとしての感想と実写映画として見たときの感想を書かせていただきます。

あらすじは下記の記事で書かせていただきました。あらすじを知らない方で興味のある方はこちらからご覧ください。

 

週刊少年マガジンで連載されている「東京卍リベンジャーズ」の実写映画「東京リベンジャーズ」のあらすじ紹介になります。不良×ミステリー×サスペンスといった異色なジャンルで爆発的な人気のこの作品。実写映画も「2021年実写映画興行[…]

 

実際に見た感想

原作ファンと原作をあまり知らない方とではかなり評価は分かれました。

 

実写映画では改悪と呼べる作品も多いですが、知っている人も知らない人も引き込まれる作品になっていた!!個人的にはファンとしては納得できない作品になっていました。ただ、実写映画としては完成された作品。

実写映画として見たとき

 

(C)和久井健/講談社 (C)2020 「東京リベンジャーズ」製作委員会

 

完成度はかなり高いです!!

 

✅ 高い理由

  • 本当にマンガから飛び出してきたような俳優陣
  • 派手なアクション
  • カッコイイ不良とそうでない不良
  • ストーリーに違和感はない

 

実写映画として見たときはかなりの完成度。ハデなアクションからストーリー性までかなり引き込まれます。

今の時代、もはやファンタジーになりつつある不良たち。私が中学の頃なんかすでに不良なんていませんでしたから・・・。ファンタジーというより絶滅種に近い感覚です。

 

不良を題材にした作品ではありますが、そこまで「ガチ不良です!!」的な感じではないのが良かった。

主人公・花垣武道(はながきたけみち)も好感が持てる感じです。個人的にはかなり良作の不良映画!!見て損はないと思います。

 

ここからマンガファンとしての感想を書かせてもらいます。

 

【U-NEXT】では”東京リベンジャーズ”「アニメ・舞台・実写映画」が31日間無料トライアルで観ることができます

  • 31日間無料トライアルで観ることができます
  • 【U-NEXT】で使えるポイント600ポイントが無料でもらえます
  • トライアル期間中に解約も可能

 

マンガファンとしての感想

原作マンガ「東京卍リベンジャーズ」が好きな私としてはひどいと思う部分が数多くありました。

 

原作ファンだからこそかもしれませんが、許せない部分がかなりあった。

 

映画としては完成されているにもかかわらず、へんに改悪してしまった部分があるためどうしても楽しめないところも多かったです。

ここからひどいと思った部分を紹介していきます。

 

ひどいと思った部分

 

(C)和久井健/講談社 (C)2020 「東京リベンジャーズ」製作委員会

 

本当にひどいと思った部分が3点

 

✅ ひどいと思った部分

  • マイキーとドラケンの強さが無くなった
  • メビウス総長はパーちんに刺されなかった
  • 「8・3抗争」の改悪

 

この3点どうにかならなかったものですかね??もう少しキャストの数を増やせば「8・3抗争」の改悪はなかったかもしれないのに・・・。

マイキーとドラケンの強さが無くなった

 

作中でもぶっ壊れキャラに近い存在のマイキーとドラケンの強さが無くなっていました。

 

✅マイキーの強さ

  • ”無敵”のマイキーと呼ばれるほど圧倒的に強い
  • 強烈な足技
  • まともに戦えたキャラはいない

 

✅ ドラケンの強さ

  • 中学生に思えない圧倒的パワー
  • 10代目ブラックドラゴンの兵隊100人を1人で倒す
  • ケンカで負けた描写は小学生の時のみ

 

正直あんなに弱くなっているとは思っていませんでした。あんなマイキーとドラケンは見たくなかった・・・。序盤だけならイメージ通りなんだけどな~~。メビウスに手こずる2人ではなかったのだけれども・・・。

メビウス総長はパーちんに刺されなかった

 

マンガの「8・3抗争」の原因は参番隊隊長・林田春樹ことパーちんがメビウス総長・長内信高をナイフで刺したことに原因があります。

 

✅「8・3抗争」までの道のり

  1. パーちんがメビウス総長を刺して少年院に
  2. マイキーとドラケンがパーちんのことで大ゲンカ
  3. 主人公・花垣武道がケンカを止める
  4. 参番隊副隊長・林良平がマイキーに不満を持ちメビウスと結託
  5. 8月3日にメビウスとの抗争

 

おおまかな流れはこんな感じですが、映画ではメビウス総長は刺されておらずラスボス的な立ち位置でマイキーたちに立ちふさがります。そのため参番隊隊長も物語の最後まで出演しており違和感だらけでした。

マンガでは参番隊隊長・林田春樹はこれ以降ほとんど登場しなくなりますが、映画の続編ではどうする気なのでしょうか??

 

次に「8・3抗争」の改悪についてお話します。

 

「8・3抗争」の改悪

 

(引用© 講談社 和久井健 漫画東京卍リベンジャーズ)

 

クライマックスの「8・3抗争」はかなり改変されていた!!

 

✅ 改変部分

  • マイキーとドラケンのケンカはない
  • 参番隊隊長・林田春樹も抗争に参加
  • マンガで出演した1・4・5番隊は登場していない
  • メビウス総長・長内信高が東京卍會のラスボス的になってる

 

もうどうしようもないくらい改変している。「8・3抗争」のマイキーの相手はマンガでは半間修二が相手をしています。

メビウス総長・長内信高はこの時点で本来であればすでに引退している。何でマイキーに一撃で倒された長内を東京卍會のラスボスにするのか意味不明・・・。

 

東京卍會の1・4・5番隊を出さなかったのも意味不明。東京卍會は100人を超える組織。メビウスも全体で150人を超える大組織です。それなのに戦ったのはそれぞれ20~30人ぐらいの人数のみ。盛り上がりには欠ける人数でした。

戦いも狭い工場の中でしたのであまり見ごたえはありませんでしたね。

 

まとめ

 

  • マイキーとドラケンの弱体化
  • メビウス総長が「8・3抗争」のラスボス
  • マイキーとドラケンのケンカが無い

 

ぶっちゃけマイキーとドラケンの弱体化が一番嫌だった。いや本当に・・・。

 

それさえまともなら原作ファンも納得できたと思うんだけどな~~~。実際に続編がすでに制作決定済みですがどうするんでしょうね??マンガ通りに行くなら「血のハロウィン」編になると思いますが、かなり改悪してそうな感じがします。

それまでマンガの人気が続いていればいいのですが・・・。

2021年邦画実写映画NO1になった「東京リベンジャーズ」!!続編の製作はすでに決定しているようですが、個人的には続編は問題だらけだと考えています。 結論から言えば「絶対に原作通りにはいかない」!![…]

 

【U-NEXT】では”東京リベンジャーズ”「アニメ・舞台・実写映画」が31日間無料トライアルで観ることができます

  • 31日間無料トライアルで観ることができます
  • 【U-NEXT】で使えるポイント600ポイントが無料でもらえます
  • トライアル期間中に解約も可能

 

「東京卍リベンジャーズ」命を懸けてでも守りたいものがある!!不良×タイムリープ×ミステリーの異色マンガ!!

不良×タイムリープ×ミステリー作品「東京卍リベンジャーズ」!!ダメダメフリーター花垣武道が元恋人を救うためにタイムリープを繰り返す大人気作品!!「いったい。なぜ??」の状況から物語が進行していく不良マンガの傑作!!