実写映画「岳-ガク-」はひどいのか??リアルと比べるのは違うかと・・・。

登山を映画にした作品の中で必ず名前が挙がる邦画作品「岳-ガク-」

原作マンガ「岳-ガク-」を実写映画にした作品ですが、この作品がひどいと言われている部分があります。

 

今回は実写映画「岳-ガク-」のひどいと言われている部分の紹介になります。

 

  • 実写映画「岳-ガク-」の原作と比べてひどい部分

 

あらすじはこちらからご覧ください。

今回紹介する実写映画「岳-ガク-」山を愛する主人公”島崎三歩”の山の楽しさと怖さを映画にしたヒューマンドラマ作品になります。主演の小栗旬さんをはじめ、長澤まさみさんや佐々木蔵之介さんがこの映画を彩っています。&nbs[…]

 

ひどいと言われている内容がこちらになります

 

  • ドラマチックにしすぎた
  • ヒューマンドラマ作品ではなくなっている
  • 主人公の印象が霞むぐらい弱い
  • 女性隊員”椎名”が別キャラ
  • 山の残酷さしかわからない

 

原作と比較してひどいと言われている部分もあれば、リアルの山岳救助隊と比べてひどいと言われている部分もあります。

映画なのである程度の誇張は仕方のないことですが、少し誇張しすぎた部分もあるようです。

 

実写映画「岳ーガクー」を視聴するなら【U-NEXT】かAmazonプライムビデオ

\\日本最大級の動画配信サービス//

広告

————————————————————————
本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。
————————————————————————

 

ドラマチックにしすぎた

 

(C)2011 「岳 -ガク-」製作委員会
(C)2005 石塚真一/小学館

 

映画にするにあたってかなりドラマチックにし過ぎた部分があります。

 

  • 遺体の運搬方法
  • クレバスでの演出
  • 足を切り落とす

 

中でもクライマックスとなるクレバスでの演出は誇張している部分が多くありました。

マンガではクレバスに挟まるレベルの事故になると主人公が過去に経験した”外国”での話になっています。

 

✅クレバスって何

クレバス英語crevasse)とは、氷河雪渓などに形成された深い割れ目のことである。片仮名表記ではクレヴァスとも書かれる。

(引用クレバス – Wikipedia

 

日本でもクレバスがある山はありますが、あれほど深いクレパスは数えるほどしかないそうです。

原作マンガでも日本でクレバスに落ちた遭難者のストーリーはほぼありません。

演出はよかったのですが、少しやり過ぎ感はありました。

 

ヒューマンドラマ作品ではなくなっている

 

 

山岳救助をメインとした山に登る人たちのヒューマンドラマ作品。

確かに主人公は三歩ですが、三歩がほとんど登場しないストーリーなんてざらにあります。

もちろん主人公メインのストーリーもありますが、そこまで多くありません。

 

映画ではそういった部分がほとんどカットされており、山の残酷な部分が映像化されていることが多かったです。

それはそれで楽しい映画なのですが、もう少しヒューマンドラマ向けにしてほしかったのも事実です。

 

 

主人公の印象が霞むぐらい弱い

 

(C)2011 「岳 -ガク-」製作委員会
(C)2005 石塚真一/小学館

 

主人公”三歩”の印象がかなり薄いです。

新人女性隊員”椎名”を演じている長澤まさみさんの印象がかなり強くなっています。

クライマックスでも主人公以上に椎名が目立っています。

 

主人公って椎名だっけ??と思うぐらいに。

 

女性隊員”椎名”が別キャラ

 

(C)2011 「岳 -ガク-」製作委員会
(C)2005 石塚真一/小学館

 

新人の山岳救助隊の椎名ですが、映画とマンガでは別キャラになっています。

正直マンガとな似ても似つかないキャラ。

 

  • 強気すぎる性格
  • 感情のブレが激しすぎる
  • マンガでは志願ではなく配属で山岳救助隊

 

マンガでは山の怖さや楽しさを経験して教えてくれるキャラの一人ですが、映画では少し邪魔な救助隊員になっています。

 

山の残酷さしかわからない

 

(C)2011 「岳 -ガク-」製作委員会
(C)2005 石塚真一/小学館

 

原作マンガと違い山の怖さが大半を占めた作品になっています。

 

  • 登山で死んだ父親と残された子供
  • 亡くなった人を山から投げる
  • クレバスでの足の切断

 

残酷なシーンが印象に残るような構成になっています。

昔の映画「八甲田斬」みたいな人がバッタバッタなくなるような映画ならまだわかるのですが、原作マンガはヒューマンドラマ作品なのでもっと感動する話を入れてもよかったと思います。

 

まとめ

 

個人的には椎名の扱いが少し嫌だった。

主人公”三歩”をもう少しメインにしていればよかったと思っています。

ヒロインを強引に組み込んだせいで映画としてのバランスがかなり崩れてしまった作品です。

 

映画としてはそれなりに観れる作品なので最上級にひどいわけではありませんので観ても損はありません。

今回はここまでになります。

 

実写映画「岳ーガクー」を視聴するなら【U-NEXT】かAmazonプライムビデオ

\\日本最大級の動画配信サービス//

広告

————————————————————————
本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。
————————————————————————