漫画「異世界失格」のあらすじ紹介。死にたがり過ぎる主人公の異世界執筆活動!!

とにかく死にたい作家が異世界に転移した作品「異世界失格」

異世界で魔王と戦うわけでもない主人公の”先生”は死ぬために異世界を旅している。

 

今回紹介するのは「異世界失格」になります。

異世界ファンタジー作品ですが、バトルメインではなく感動系のファンタジーになります。

 

✅作品概要

  • 著者 野田宏・若松卓宏
  • 出版社 小学館
  • 連載誌 無料WEB漫画サイト「やわらかスピリッツ」
  • 2022年8月時点 8巻まで既刊
  • アニメ化も決定

 

 

  • あらすじ紹介
  • 1巻の内容
  • 2巻以降~
  • キャラクター紹介
  • ストーリーの重要部分
  • おすすめポイント

 

あらすじ紹介

 

 

昭和23年6月13日。

作家の”先生とその愛人でもある女性が激流の川に身投げしようとしていた。

その直後トラックにひかれたと思ったら勇者として異世界に転移していたのだった。

 

召喚したのは案内人”アネット”

彼女はこの世界の魔王を討伐するために召喚したのだった。

だが、この先生には問題があった。

 

”自〇願望”

 

死ぬことが目的となっている主人公はある意味無敵だった。

 

ステータス

  • スキルなし
  • ステータス1と0しかない
  • 異常ステータスもうどく(カルモチン)
  • アイテム”カルモチン”

 

全てにおいて最弱な先生だったが、アネットは直感で確信していたのだった。

 

「私はこの方が来るのを待っていたんだ!!」

 

かくして、死にたがりの作家先生とエルフの”アネット”の冒険が始まります。

先生は死ぬことができるのか??愛人”さっちゃん”にまた会って心中することができるのか??

 

アニメ化も決定した死ぬことを目的とした異色の転生マンガ「異世界失格」

 

電子書籍ならすぐに読める

 

1巻の内容

 

 

自〇願望の先生一行は最初に訪れた国”ロート王国”で王”国王トマス”と王女”シャルロット”に謁見します。

そこで王が先生たちに「シャルロットの夫あどちらがいいか」を訪ねる。

勇猛な戦士ゴメスか、愛の吟遊詩人オットーか先生が出した答えは・・・。

 

1巻ではこの世界の魔王”憤怒の魔王”が登場します。

ただし、そこからの急展開!!

もはや転移者の存在意義がなくなるような事態になります。

「7人の転移者が”憤怒の魔王”を討伐した」

先生いらなくなったかな??

 

2巻以降~の内容

 

 

2巻は”絶対服従”を持った転移者が登場。彼はその力を使い魔獣を使役して町を支配しようとした。

興味のあることしか動かなかった先生が相手に興味を持ち彼をモデルとした小説を書いた。

そんな時先生にあるはずのなかったスキルが!?

題材「異世界失格」

 

 

2巻の途中から~3巻

 

 

一緒に冒険していた猫耳娘”タマ(仮)”が住んでいた王国”グリューン”

なんと”タマ”は王女であった!!

王女誘拐の嫌疑をかけられ拘束された先生たちは処刑される直前でしたが、タマ(仮)が王女として戻ることによって処刑は回避された。

先生は処刑されなかったことにヤケになりクスリをがぶ飲み。

そんな時に魔王を倒したとされる七人の転移者のうちの一人”カイバラ”が王国”グリューン”を襲撃。

「君に捧げる物語だ。どうか読んでほしい。」

 

 

4巻~

 

 

グリューン名物”世界樹”のふもとでカジノを開き商売をしていた転移者がいた。

そこには魔女と呼ばれている女性や、商売をしていた転生者を懲らしめようとする転移者と出会う。

善と悪の境界線とは何かを考えさせられるストーリーになります。

 

他にも砂漠地方”ザムスターク”の孤児院ヴュステのストーリー。

共に旅をしている少年”ニア”が育った孤児院にまつわるお話。

本当に強い人はこのストーリーに出てくる人かもしれません。

 

 

5巻~

 

 

七人の転移者の一人”ユリコ”の登場。

彼女は他の転生者と違った。姉のユリコが転移後に、妹のヒカリがこの世界の転移。

そこからすべてがおかしくなった。

転移前の世界では妹のヒカリは寝たきりの状態。姉はユウコの看病ばかりだった。

先生はそんな彼女たちに興味を持ち執筆し始める。

「君が欲しかったものとは、なんだったのかね?」

 

 

6巻~7巻

 

 

ブラウ王国の物語。

そこに大司教エルトンと王女ザフィーアが管理する世界でもっとも安全な国とも呼ばれている地。

エルトンはかつてこの国に侵攻した魔族の大軍を一人で退けた英雄でもあり、ゴブリンにして大司教の地位に就任している人物。

先生たちはこの国に入る前に出会った転移者の話からこの国に闇があると感じていたが、先生は興味を持たず”アネット・タマ・ニア”の三人で行動することに。

次に書くストーリーは王女かそれとも他の転移者か!?

「・・・さぁ、どうか聞かせてくれ。君の本当の想いを・・・」

 

 

次にキャラクター紹介になります。

 

電子書籍ならすぐに読める

 

キャラクター紹介

 

先生と、先生と一緒に冒険する3名を紹介。

 

  • 主人公”先生”
  • エルフ”アネット”
  • 猫耳少女”タマ(仮)
  • 少年”ニア”

 

主人公”先生”

 

 

未だに名前が出てこない作家先生。

 

✅特徴

  • 自〇願望ありあり
  • カルモチンを常備
  • 常にもうどくに侵されている
  • HP・MPが1
  • 特定の相手のみの作用するスキル”執筆”

 

とにかく何でもかんでも死にたがる先生。

敵をみては殺してとお願いしたり、自〇しやすそうなところを見つけると試そうとする。

 

そんな中でも執筆はやめない。

自分自身が興味がある物語は執筆するが、そうでないなら一切書かない。

スキル”執筆”の能力は転移者以外にも使用可能。

その能力は未知数です。

 

エルフ”アネット”

 

(引用 小学館 野田宏・若松卓宏 漫画「異世界失格」1巻)

 

先生を召喚した人物。

勇者召喚しまくってルーティンワークみたいになっていたが、先生と出会い旅をすることに。

スキルも回復や解毒、浄化魔法も使えそれなりに強い。

先生のことが好きだと思っているが、”さっちゃん”がいるので一線を引いている。

 

猫耳少女”タマ(仮)

 

(引用 小学館 野田宏・若松卓宏 漫画「異世界失格」1巻)

 

亜人が多く住むグリューン王国の王女にして”タマ”

身体能力は高く、近接戦闘は魔王を倒した”七人の転移者”に匹敵するほど。

 

少年”ニア”

 

(引用 小学館 野田宏・若松卓宏 漫画「異世界失格」2巻)

 

先生に会う前はコソ泥のようなことをしていた子供。

亡くなった父から受け継いだ剣を所持しているが、その剣の実力は未知数。

巻数を重ねるごとに強くなる少年。

 

ストーリーの重要部分

 

ここの部分に注目して読んでもらうとより一層おもしろく読めます。

 

  • 先生の能力(ギフテッド)”執筆”
  • 転移者・魔王・教会の状況
  • 魔王を倒した”七人の転移者”

 

魔王を倒した”七人の転移者”が新たなる魔王のような存在になって立ちはだかります。

中には手助けしてくれることもありますが、基本的に敵扱い。

 

マンガ内では堕ちた転移者”堕転移者”と呼んでいます。

悪者に書かれることも多いですが、7巻を見終わった後だと転移者を召喚した教会が悪いのか分からなくなってきます。

望まれてもいないの転移させたあげく教会には戻す力は無いといった状況。

 

その為、特定の状況では発動する先生のスキル”執筆”を悪用しようとも取れます。

今後の教会の動きのも注目です!!

 

おすすめポイント

 

  • 死にたがりの作家主人公
  • 様々な転移者
  • 出会う人たちの思いをストーリーにしている
  • ただ敵を倒すだけではないマンガ

 

味方にも敵にもストーリーがありそれぞれの思いがストーリーになっています。

中には同情もできないようなクズもいますが、誰しもが先生の小説の題材になるほどです。

まぁ、書きたくないときは書かないと言ってしまうのも先生。

 

異世界ファンタジーですが、戦闘メインより登場人物の過去をメインにした作品になります。

かなりマンガとしては盛り上がりに欠けると思いきや、何度も読んでしまう作品です。

 

まとめ

 

 

自〇願望の作家をメインにした異世界転生マンガ「異世界失格」

異世界系のマンガで今かなりおすすめの作品です。

テレビアニメ化している「異世界おじさん」と同じでアニメ化も決定しているのでアニメでも見てみたいなと思っています。

放送時期は決まっていないですが。

 

あわせて読みたい