映画「鋼の錬金術師」の続編に期待する5つの改変!!これさえまともならあるいはと思うけど・・・。

大爆死して原作をマジでバカにした作品!!

 

実写映画「鋼の錬金術師」の続編がなぜか公開決定となりました!!

 

なぜに続編制作に踏み切って公開したのか本当に疑問??

興行収益が赤字にはならなかったもののもはや「鋼の錬金術師」をバカにしている作品とまで言われているのになぜ続編を??

しかも最終章と言って前編・後編と公開するなんてマジで正気の沙汰ではない!!監督もさることながらキャスト陣も「鋼のメンタル」を持っているようです!!

 

今回の記事はこれさえ改変してくれたなら少しは見れる映画になるであろう5つの事についてお話します。

正直5つどころではないのですが、正直これ以上書こうとするとマジで続編を公開してほしくないと自分で思ってしまいそうなのでやめておきました。

 

  • 告知されている内容
  • 改変してほしい5つの要素
  • 爆死はするのかしないのか
  • 映画館で見た方がいい??

告知されている内容

 

現在告知されている内容は公開日と告知映像が公開されています!!

 

 

✅ 公開日

  1. 前編 復讐者スカー 2022年5月20日
  2. 後編 最後の錬成  2022年6月24日

 

公開が発表されたのが2月25日前後。この段階ですでに映画は撮り終えていたと思われる。

告知映像も同時に公開されキャスト陣も次々と明らかになっています。

 

✅ 新キャスト

  • スカー 新田真剣佑
  • リン・ヤオ 渡邊圭祐
  • ランファン 黒島結菜
  • ゾルフ・J・キンブリー 山田裕貴
  • キング・ブラッドレイ 舘ひろし
  • アレックス・ルイ・アームストロング 山本耕史
  • オリヴィエ・ミラ・アームストロング 栗山千明

 

個人的にはスカー役の新田真剣佑さんオリヴィエ・ミラ・アームストロング役の栗山千明さんが非常に気になっています。

錬金術師を恨むイシュバールの民と”氷の女王”の異名をもつオリヴィエ・ミラ・アームストロング少将をどう演じるのか見ものです!!

 

新田真剣佑さんのアクションには期待大!!

映画「るろうに剣心 最終章 the・final」では圧巻のアクションを見せてくれました!!本当に期待しています!!

 

次にこの記事の本題「改変してほしい5つの要素」!!マジで改変していてくれ!!

改変してほしい5つの要素

 

シーンというか、ほぼすべてを改変してほしいのですが、これだけどうにかなっていれば良作になるかもしれないと思い書いています。

ぶっちゃけ前作のイメージ強すぎてイメージわかないけど。

  • 主人公の戦闘シーンの増加
  • ウィンリィの旅の同行はなくしてほしい
  • 小道具の改変
  • 原作に近いストーリーを制作してほしい
  • CGの使用率の増加

 

主人公の戦闘シーンの増加

 

1作目の主人公はほぼ戦闘をしなかった。

本当にいる意味があるのかと思うぐらいただただ邪魔な存在になってしまっている。

 

本格的に戦闘したのがマスタング大佐とホムンクルス”ラスト”ぐらいなもの。

主人公も序盤と後半に少しだけ戦闘していますが、ハデなアクションシーンは皆無。

味噌のない味噌汁を飲まされている気分。本当に!!

 

ウィンリィの旅の同行はなくしてほしい

 

 

無駄にウィンリィ・ロックベルを旅に同行させたせいでマジで邪魔な存在になっている。

アレックス・ルイ・アームストロング少佐を出さなかった代わりにウィンリィで物語を進めた結果、駄作を作るの一役買ってしまった!!

 

まぁあんなムキムキな人をキャスティングするのは無理だったかもしれないが、それでもウィンリィは同行させるべきではなかった。

最終章に位置づけされている今回の作品では同行は極力させないでほしい。

 

小道具や衣装の改変

 

1作目は小道具がマジで大学生の演劇レベルの小道具!!

 

✅ 小道具と衣装

  • 衣装が手抜きすぎる
  • 鋼の腕が鋼ではないのが一目でわかる
  • 賢者の石がただのグミ
  • グラトニーの攻撃がCGからマジで手抜きの小道具に代わっていてシュールな映像になっている

 

本当に小道具には力を入れてほしい。駄作の共通点として小道具や衣装の手抜きは本当に目立つ。

大人気マンガ「BLEACH」の実写映画もCGがすごくて小道具や衣装が手抜きになっている。

 

今回紹介していくのが、実写映画化された大人気漫画「BLEACH」。 実写映画の中でも爆死してしまったとされる映画の一つですが、いったい何がいけなかったのか。今回はそんな爆死理由について紹介していきます。 […]

 

改善してほしいねマジで!!

 

原作に近いストーリーを制作してほしい

 

 

最終章となる話は前編がスカーと呼ばれるイシュバールの民がメインの話だと思われる。後編は約束の日と呼ばれる一日を映画にした内容だと判明しています。

ただ、これを全部映画に収めるとなるとマンガの原作とは似て非なる作品になるのは間違いない!!

 

✅ 鋼の錬金術師の関連記事はこちら

 

✅ 理由

前編後編だけでおさまるわけがない

 

スカーはマンガで言えばほぼ序盤で出てきます。

それなのにクライマックスまで前編後編で作るならマンガの巻数27巻分を映画2本にいれるのですから相当無理しなければ入りきりません。

 

ほぼほぼオリジナルストーリーになると分かってはいますが、原作に近いストーリー構成になることを願っています。

 

CGの使用率の増加

 

もうちょっとCGの使用率を上げてほしい。エドの戦闘シーンもそうだが、敵側のホムンクルスとの戦闘も特に。

1作目ではグラトニーがおなかから目玉を出した時にCGを使っていましたが、その直後CGではなく小道具を使っていました。

 

本当にシュールな映像になっています。

 

なぜグラトニーはあそこでおなかの牙みたいなのを伸ばして攻撃しなかったのかが謎。CGを使うなら最後まで使ってほしい!!

 

次に爆死するかどうかの話。

 

 

爆死はするのかしないのか

 

確実に言えることは爆死するでしょう!!

 

まだ公開していないので何とも言えませんが、コミック全27巻分を前編後編にするならオリジナルストーリーでないと無理。

まぁ、期待はしていません。我々のネタになっていただきましょう!!

ただ、万が一にも名作になっていたのなら本当にすみません。百万分の一かもしれませんが、本当にすみません。

 

映画館で見た方がいい??

 

 

ここの部分は映画館で見た後にお話ししようと思っています。

ぶっちゃけ公開前の現在ですら映画館で見る必要はないと思っていますが、万が一にも名作かもしれないので見たに追加で書かせてもらいます。

 

前編を見た感想は・・・オチ無し映画でした!!

2022年5月20日に公開された映画「鋼の錬金術師 最終章 復讐者スカー」を観てきました。前作があれだけ酷評されたのに続編の公開に踏み切った作品になります。前評判では前作の印象でかなり悪かったですが、最終章の前編となる「復讐[…]

鋼の錬金術師

 

後編を見た感想は・・・○○

 

まとめ

 

  • 俳優さんにはかなり期待している
  • 主人公の戦闘シーンの増加を期待
  • ウィンリィの旅の同行はなくしてほしい
  • 小道具の改変
  • 原作に近いストーリーを制作してほしい
  • CGの使用率の増加
  • 正直ストーリーは期待できない

 

正直あんまり期待していない作品です。前作がアレでしたからね・・・。本当に期待できない・・・。

今作の最終章と位置づけされているならもちろん主人公の戦闘シーンは多いはず・・・。

本当になぜ続編を制作したのか理解不能です。

もうこれは・・・ネタとして見るべきなのでしょうね・・・。そうとしか考えられない自分自身がおります。

 

今回はここまでになります。まぁ、まともな映画になっていることを神様にいのりましょう・・・。

 

映画「鋼の錬金術師」!!大人気ダークファンタジーの実写化!!

ぬくもりを求めた兄弟は錬金術師としての禁忌を犯した。弟は肉体全部をもっていかれ、兄は右腕と左足をもっていかれた。それでも立ち上がった2人は元に戻るために旅をする・・・。

大人気ダークファンタジー「鋼の錬金術師」!!失ったものを取り戻すために兄弟は旅にでる・・・

大人気マンガ「鋼の錬金術師」!!錬金術師の禁忌を犯した2人の兄弟が失ったものを取り戻すために様々人に助けられながらすべてを取り戻すダークファンタジー!!一度読んだら最後まで止まらないぐらいおもしろい!!